2005年09月14日

のまネコ 〜著作権的にどうなんでしょう。

今更感が拭えない更新でごめんなさいとしか。
今日はのま猫騒動です。

もうね、ねらーが祭りになってますよ。ちゃぶろがどんどん更新されてって忙しいったら。
さくっと読みやすいのはImpressの記事かな。わかりやすい。
「恋のマイアヒ」の“のまネコ”はモナーにインスパイア〜エイベックス

まずはエイベックス側の見解
「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化され、当社と有限会社ゼンが今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものですが、皆様において「モナー」等の既存のアスキーアート・キャラクターを使用されることを何ら制限するものではございません。

つぎにねらーの見解(というかまとめサイト)
「のまネコ」問題とは、 avexの「のまネコ」というキャラクターが「ギコ」「モナー」「モララー」「しぃ」などのAAキャラクターに酷似しており、 AAキャラクターが企業や個人によって権利を独占的に利用されてしまうのではないか、という問題のことです。

でまぁ、お読みの通りねらーの見解は先行きを懸案しているにすぎず、
エイベックス側もぎこやモナー、しぃの使用を制限することはないと言っている時点で、
。。。解決しているんじゃまいか と思える訳です。

ここで法律的な見地からの見解。
「のまネコ」問題にコメントしてみたりする
ちなみにここで触れられている、

「2ちゃんねるのキャラについては、今までも何回か商標関係でもめごとがありましたよね」については、
タカラ逝ってよし(扇情的なタイトルだなぁ。。。まとめサイトです)

「2ちゃんねるキャラも、それを使った商品売ったりしてるのですから」については、
たとえばグッズちゃんねるがあります。

上記の見解をまとめていけば今後もモナーを使ったグッズの販売に支障を来すことはなく、また多くのねらーが今までと変わらずにモナーを使って行ける。
なのに反感を買っているのはなぜ?
ってまぁ自分たちが慣れ親しんだキャラが、いつのまにか新参者の商売道具にされていたら泣くか。
という感情的な反感がメインの流れなのかな。(リンク先はアキバblog。仕事場で見るのはやめよう)
けど、不買運動につながるまでのこと?という疑問は拭えないのだがみなさんはどうでしょう。

結局、avexが今回の申請を放棄したところで、2ちゃんねるそのものが2ちゃんねるの作り出す公共財(AAとか)を保護して行かないと、こういう問題は幾度となく再現されると思う。ぎことタカラの時に何もしなかったつけが出ているだけな訳だし。
けれど、かといって星の数ほどもあり盛衰を繰り返すAA全てを保護するのは土台無理な話。
ねらーを敵にまわしたくない、という気持ちで抑止力を働かせることも考えられるけれど、このavexの件はその抑止力が働いてないわけで、2ちゃんねる文化を(変な話)聖域にすることもできない訳だ。
うーむ。
ITmedia エンタープライズ:Linuxの商標登録が必要になった理由
のように、ひろゆ子を頂点とする法人を設立して保護することも考えたけど。。上記の理由で打ち消され。

まぁ普通にのまネコ自体は廃れて行くと思って問題も風化するのではと思うけれど、
再度こういう問題が起きたときにどうするかって落としどころを考えておく必要があるかもね。
事後対処だけじゃ対処できない部分があるってこと、ねらーも気づいただろうし。

あなたは、どのへんを落としどころにすると良いと思いますか?
posted by *leche at 01:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6897793

この記事へのトラックバック

のまネコ問題 モナーをパクった ゑゐベックス と ねぶた をパクった韓国を比較
Excerpt: インターネット上で多くの人に愛されている、アスキーアートのモナーが パクられた事件が問題となっています。 「恋のマイアヒ」に登場する「のまネコ」をめぐる問題  あのフラッシュはよ..
Weblog: 諸葛川
Tracked: 2005-10-02 03:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。