2005年09月10日

ほっとけない 世界のまずしさ 〜ホワイトバンドは免罪符じゃない

今日は9月10日。
なぜか知りませんがホワイトバンドデーだそうです。

今日のお題は「ほっとけない 世界のまずしさ」この貧困は人災です。克服することができます。
そのために必要なのは「貧困を世界の優先課題とすること」です。
(中略)
寄付だけでは、貧困のスピードに追いつけないのです。
みんなの意向を集めて、政策を引き寄せなければ。

世界の貧困をなくすために、日本にできることは、
援助をふやす、援助をよくする、
最貧国の高すぎる返済金利を少なくする、
そして貿易をフェアにする、この4つです。
2005年はG8サミット、国連総会、WTOと大きな会議が3つもあります。
日本が世界にむけ「貧困の克服を日本の優先課題にする」とはっきり言うチャンスです。

今、世界が本気になって、構造を変えようとしています。
あなたも、ホワイトバンドを身につけてください。
貧困をなくすために、できることをしてください。

ほっとけない 世界のまずしさ。


ということで、要するにみんなで意思表示をして、政府に貧困への対処を優先的に行わせようということで
(それだったら選挙行った方が早いんじゃないか)
その意思表示の手段が、ホワイトバンドを身に着けること。
店頭では300円。
ネットでは2個セット、送料420円にクレジットカードがない場合は手数料315円で1個あたり667円。
(詳細は「ホワイトバンドの気になる送料」)

ちなみに店頭価格300円の内訳はこうなっている。
内訳(PDF)
要するに流通費40%、原価と制作経費30%、NGO活動費30%。
本サイトにも記載がある通り、チャリティではない。
ちなみにホワイトバンドは中国製だそうだ。なんでこんな制作費が高いのかな。

というわけでちょっと高い気がするホワイトバンド。
啓蒙活動になっているのかホワイトバンド。ここで以下のリンクを挙げておく。

ホワイトバンドの問題点(まとめ)ミラー
ホワイトバンドで儲ける人たち

要するに、ホワイトバンドは確かに啓蒙の一助となっているかもしれないけれど、
ホワイトバンド公式ブログは実ににぎやかである)
その300円(のうちの活動費30%で90円か)の使い道は実は不明瞭(For Beautiful Human Life様)だったりする。

...かくいう私も実はホワイトバンドを持っている。
近所のファミマで見つけて、「ふぅーん」と思い、何気なく買った。
買ってから気になって調べてみたが、黒い噂が出て来る出て来る。
結局身に付けて歩くことはないけれど、気をつけて見ていると付けている人は少なくない。


ホワイトバンドを買うことは、次のことをあなたにもたらしてくれる。
 ちょっといいことをした、という気持ち。
身につけることは、
 私は貧困をほっとかないのよ。というアピールとともに、
 知ってる人は知ってることを知ってるのよ。UpDateなのよ。というアピールを。
他の人にも買うように勧めることも、
 いいことをしてるよ、という気持ちをもたらす。

その300円は誰かのお腹に収まっているかもしれないけど。それでもいいなら買って身につけてください。
posted by *leche at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。